苦しゅうない、近う寄れ。ウッヒッヒ

b0371494_02371297.jpg
いつも通ってる某湿地。
見慣れない猛禽が飛んできた。ケアシノスリだ!まさかこんなところで観れるとは…
+++++

というのが最近のことなら良いのだが、実はこれは今年の写真じゃない。この写真を撮影した湿地は堤防工事で葦原の一部が破壊され、ケアシノスリがいるにはいるが、近寄れなくなってしまった。高度成長期の頃ほどではないにしても、公共土木工事による自然破壊は今もなお着々と進んでいるというわけだ。各種災害対策や経済効果を期待しての公共工事は否定はしないが、何もラムサール条約登録湿地を壊さなくてもいいだろうに。老朽化の進んだ道路や橋の補修、都市部で不足している老人施設の建設など、その気になりゃ手を付けられる所なんかいくらでもあると思う。東北の復興だってまだまだ途中だろうに。

b0371494_02371381.jpg
ケアシノスリ。生物種的には日本で一年中通して見られるノスリの近縁種。パッと見の違いはこっちの方が全体的に白いこと。ノスリ特有のお腹のバンドは共通だ。冬の間だけシベリアから来る渡り鳥で、個体数は決して多くないという。俺が知ってるこの湿地は、冬になるとノスリ、チュウヒ、オオタカ、ハヤブサ等の常連組と、ケアシノスリ、オジロワシ、運が良ければオオワシまで観れるという猛禽観察のメッカだったが、↑ で書いたように堤防工事の影響や、毎年春に観光目的で実施される野焼きのために猛禽類の止まり木が倒れたりして、近年はすっかり「寂れて」しまった。

b0371494_02371265.jpg
この写真は上空30mくらいを縦横無尽に飛び回ってたところを、夢中でシャッター押しまくって撮ったもの。まだD500は導入前でD750とゴーヨン(AF-S500/4G_VR)で撮影したものだが、清水の舞台から飛び降りて買ったはいいが、デカくて重くて持て余していたゴーヨンが初めて真価を発揮して、希少種ケアシノスリをガッツリ撮影できたのだった。

b0371494_02371200.jpg
土曜日早朝。まだ周囲には他のカメラマンの姿はなく、まったく警戒心が感じられないケアシノスリは悠々と俺の頭上30メートルを飛び回る。こんな幸運、生きている間に何度あるんだろう…とでもいうような環境で、この日はシャッターカウントが1000を超えた。最後は首が痛くなってしまった(笑)。この写真の翌シーズンから堤防工事が本格化して、湿地の岸辺近くを縄張りにしていたこの個体は何処かに行ってしまった。

その後もこの湿地には何羽か渡ってきていることは確かだけど、こんなに近接して撮れることはなくなってしまった。

b0371494_02371364.jpg
もう一度、この個体に会いたいなぁ。
こいつ、今どうしてんのかなぁ。







[PR]
Commented by ironsky at 2018-02-14 20:52
こんばんは。
ケアシノスリ、きれいですね。
3年ほど前に、茨城方面で見られました。

人間のための自然へのアクセスが、動物たちにとっては生活環境の変化となり、生命維持に大きな影響を与えること、よくあります。
私の住んでいる地域では、原発事故による放射能の影響で、公園の落ち葉や雑草などがきれいに取られてしまい、野鳥が来なくなってしまったところが数多くあります。
Commented by ki43-oscar at 2018-02-14 22:08
> ironskyさん
ケアシノスリは日本海側では話をよく聞くのですが、太平洋側では珍しいですね。

福島原発の放射能が関東方面に降ってきたのは知っていましたが、野鳥にまで影響していたというのは初耳です。。。
落ち葉や雑草を処分したのは「除染」ということなのでしょう。
放射能がどれほど自然に悪影響を与えるのかは知りませんが、あの事故はいろんなところに影響してるんですね。
Commented by flat_white at 2018-02-18 23:08
普段見かけるノスリとは印象がだいぶ違う感じですね。
白い羽がとてもきれいなノスリですね。
こっちには飛んでこないのかなぁ?

Commented by ki43-oscar at 2018-02-19 19:09
> flat_whiteさん
この写真は新潟県のF潟です。
あとは。。。有名なところでは石川県の河北潟ですかね。
あそこならネットで情報上がってますね。
見た目の違いは、仰るとおり白いところです。綺麗ですよ。

元々の絶対数が少ないので、日本野鳥の会HPにもあまり写真ないですね。
Commented at 2018-02-19 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ki43-oscar at 2018-02-20 21:23
>鍵コメさん
それはまた遠いところへ…あっちの海まで行かれてたんですか。 あそこは観光客も多いし、人間がたむろするようになったら鳥はいなくなるでしょうね。 残念ですね。

それと…ほう、それは耳寄りな話ですね。
by ki43-oscar | 2018-02-14 03:38 | ケアシノスリ | Comments(6)

君は、生き残ることができるか…w


by 烈風