この道は果てしなく、何処までも続く。 行こう、そして確かめよう。


by 烈風