眼つき悪!(笑)

b0371494_01265409.jpg
今年は何かチュウヒばっかり撮ってるような…
ハイチュウ撮りたくて撮影スポットに行くと、肝心要のが出てこなくて、代わりに出てくるのがコイツ。ま、コイツも嫌いじゃないんだけどねぇ…(笑)。

b0371494_01265583.jpg
猛禽の最大の武器といえばカギ爪だが、それと同じくらい大切なのが眼。その視力たるや人間の数倍~数十倍、もしワシタカの視力検査をしたら、10.0~20.0になるという。人間の視力がどんなに良い人でも1.5~2.0だから、何をかいわんやである。飛んでる猛禽を撮影するときは50~100メートル離れてるのが普通(30メートルで大接近)だが、人間が裸眼で猛禽を観たら豆粒くらいにしか見えないし、細かいところなんか見えるはずもない。その撮った写真を持ち帰ってPCで拡大してみてると、ギョロっとこっちを睨んでいたりする。つまり猛禽からはカメラマンがハッキリ見えているわけだ。

b0371494_01265518.jpg
チュウヒというと、オオタカやハヤブサと違ってネズミとかカエルとかチンケな獲物しか狙わないから、ノスリなどと同じように「ゲテモノ」とか「クソタカ」散々な言われようだ(笑)。江戸時代に盛んに行われた鷹狩りではウサギとかカモとか獲ってくるオオタカ・ハヤブサが重宝された一方、ノスリやチュウヒはチンケな獲物しか獲ってこないからバカにされていたんだろう。なんでゲテモノ(下手物)かというと、チュウヒの獲物が人間の食材として「ゲテモノ料理」の範疇だからだそうだ(笑)。まぁ、ネズミとかカエル、ヘビ、昆虫とかならそう言われても仕方ないのかね。。。他に同じように言われていた(バカにされていた)猛禽としては、サシバ、ハチクマ、ミサゴがある。サシバはカエルやトカゲ、昆虫が主食だし、ハチクマは名前の通りハチが大好物だし、ミサゴは魚しか食べないから、鷹匠から見たら確かに役に立たないか。。。(笑)。トビなんかはバカにされるどころか最初から相手にもされていなかったらしい。

b0371494_01265420.jpg
このタカ類のランク付けは体の大きさで決まるんではなくて、チュウヒやノスリよりももっと小さな、ツミやチョウゲンボウが使われることもあった(目標とする獲物によって使役するタカを決めていた)というから、昔の鷹匠という人たちは、猛禽類をとてもよく観察していたんだろう。ちなみに鷹匠たちに一番人気があったのはハイタカで、次がオオタカ、ハヤブサ。猛禽の体の大きさと(扱いやすさ)、狩りの能力などがバランスが取れていたからだ。もっと体躯が大きくて狩りの能力が高い猛禽としてはクマタカ、イヌワシがいるが、この辺は人間が襲われる可能性もあるということで鷹狩りには使われなかったという。オオタカ・ハヤブサに次いで人気があったのがチョウゲンボウ、ハイイロチュウヒ、ケアシノスリ。
b0371494_01265497.jpg
人間様から見たチュウヒはゲテモノ…う~ん。いや、十分カッコイイよ(笑)。







[PR]
Commented by flat_white at 2017-12-15 07:49
ゲテモノとかひどい言われようですね、当の鳥たちには関係ない話でしょうが。
そのおかげで人の手先として使われた上横取りされないなら、私はゲテモノでいいやと思うかも?

数年前にできた農道は一本道で速度出す車が多いのか、トンビなど何羽も車と衝突して死んでいる姿を見かけることが時々あります。
舗装された道路は温かいのか、トンビも道路にいることも多くて。
なので、私、安全運転で行きます^ ^
Commented by ki43-oscar at 2017-12-16 13:15
> flat_whiteさん
もう随分昔ですが、葉山の国道でトンビ轢いたことあります。
いきなり車の前に急降下してきて避ける暇もなかったのですが。。。
あんまりいい気はしませんわ。

鷹匠の話はノスリの時も同じようなこと書いた記憶があるのですが
人間は何でも自分を基準にして考えますからね。
当の鳥たちは人間が何考えようと、知ったことではないでしょう(笑)。
Commented by yume_jin at 2017-12-16 22:00
こんばんは。
何と言われようと、カッコいいです!!
猛禽類 最高~~♡ (*^。^*)/ ダイスキ
お写真もバッチリで最高ー! ^^
鋭い眼はどこまでも遠く見えるのですね。
私は、この眼差しも大好きなのです。
私には撮れない写真を見せて下さりありがとうです。
Commented by ki43-oscar at 2017-12-17 21:22
> yume_jinさん
猛禽の鋭い眼は引き込まれるようですよね。
俺もこの眼が好きです。
夢人さんに撮れない写真ですか…
これは純粋にカメラの性能で撮ってます(笑)。
Commented by yume_jin at 2017-12-18 08:24
おはようございます。^^
いえいえ、カメラの性能だけでは
こんな素敵な写真は撮れないと思っています。
撮り手のいろいろな努力のたまものですって♪(*^^*)

Commented by ki43-oscar at 2017-12-18 21:32
> yume_jinさん
ありがとうございます。
たしかに、いろいろ努力はしていますが…
それが写真技術的なことかどうかは…(笑)。
がんばります。
Commented by ironsky at 2017-12-18 22:17
こんばんは。
猛禽は、その精悍さがなんとも言えません。
私の場合、猛禽狙いというわけではないのですが、やはりその情報が入ると、他の野鳥よりも優先順位が高くなります。
その中でも、ハイチュウは最上位にきます。
Commented by ki43-oscar at 2017-12-19 03:05
> ironskyさん
猛禽専門の野鳥カメラマンっていますよね。
憧れますが、そればかりやってるとブログネタがなくなるので、、、
というのは冗談ですが、猛禽に絞るとなると探索やら情報収集やら大変なのではないでしょうか。

ハイチュウのオスも撮ってみたいですが…そろそろ渡良瀬にも入ったようなので、
行ってみたいと思います。
by ki43-oscar | 2017-12-15 02:30 | 猛禽類 | Comments(8)

この道は果てしなく、何処までも続く。 行こう、そして確かめよう。


by 烈風