ある冬の日の10時間。待ちに待って…

b0371494_01354384.jpg
午後4時半。日は西の空に沈んでいく。周囲に諦めの空気が漂い始め、何時間も待ち続けたカメラマンたちの顔には失望の色が隠せない。その時…
「いるぞ!」と、誰かの声がした。
100人近く残っていたカメラマンたちが一斉に動き出す。もちろん、俺も…

+++++

ヤツガシラ。日本ではめったに見られない、誰もが認める珍鳥。それが県内の某公園に飛来したと聞いて、年末の日曜日を潰して出かけることにした。実はこの鳥は今年の2月にも同じ場所に飛来してきて大フィーバーになった。俺はその時は情報不足(ボッチのカメラマンだから教えてくれる人もいない)で行かなかったのだが、今回は程なくしてネットに情報が上がったので、行ってみることにした。飛来地までは車で2時間近くかかるので朝4時起床。日の出が7時前だから朝一番の飛び出しを狙う。それにしても寒い。。。前日のポカポカ陽気に対して、今日は曇りで気温も上がらない。風はないが、音もなく冷気が体を冷やしていく。所謂「底冷え」状態だが、朝の飛び出し狙いの短期決戦だから、これでいいだろう…と安直な気持ちで来たのが間違いの元だった。

夜明け前にカメラをセッティングして待っていたのだが、一向にヤツガシラは姿を見せない。もしかして、別の場所に塒(ねぐら)を移動した?

ヤツガシラ移動疑惑が深まる中、このまま帰るのも癪だし長期決戦を覚悟する。目安は昼時。半日も待っていれば来るだろう…との読みだったが、これも見事に外すことになる。夜が明けて周囲が少しずつ明るくなると同時に、ヤツガシラ狙いのカメラマンもどんどん増える。俺が来た時には数人ほどが三脚を据えているだけだったが、時間と共に10人を超え、数十人、最終的には100人を超えた。周囲の期待を他所に、肝心要の主役様は何処へ行ってしまったのか。。。(笑)。ま、相手は鳥だし、こんな時は諦めるしかないのだが…そうそう簡単に引き下がれるかよ。

だが薄着(開襟シャツの上にフライトジャケット)だったから、寒さが深々と身に染みてくる。缶コーヒーを何度も買って寒さを凌ぐ。俺の勝手な予定時刻を過ぎてもターゲットは現れない(笑)。他のカメラマンの中には早々に諦めて帰る人もいるが、あれは既に一度撮影に成功している人だろう。俺はもちろんヤツガシラは初見・初撮りの鳥だから、最低限「目撃」しないことには収まりが付かない。クッソ~。。。こうなればラスト(日没)まで行ってやる。

午後2時、3時…どんどん時間だけが過ぎていく。こうなれば夕暮れ時の塒入りを狙うしかない。しかし、当の本人(本鳥)が塒を変えていたとしたら…何もかも無駄になってしまう。それにしてもホントに寒いなぁ。やっぱ冬は防寒対策しっかりやんなきゃ。。。

+++++

ということで、証拠写真レベルですが一応「撮影」できました。年末のクソ忙しい時期、休暇も取れないので…年末休みまでコイツいるかなぁ。来週リベンジに行きたいんだけど…







[PR]
Commented by ironsky at 2017-12-25 21:19
こんばんは。
行かれたのですね。
私は、昨年行ったのですが、ちょうど行った日に抜けてしまい、撮影できませんでした。
それがあるので、今年はどうしようか迷っています。
Commented by ki43-oscar at 2017-12-25 23:05
> ironskyさん
行ってきました。
俗に言う「珍鳥」を撮りに行くと、この世界は運が全てだと感じますよね。
入るのも抜けるのも、鳥の気持ち一つですからね、、、いやはや。
たぶん年内くらいは例の場所に留まると思うので、都合付けて行ってみてはどうでしょう。
俺ももう一度行けるようなら行こうと思っています。
Commented by miyabiflower at 2017-12-31 14:58
初めまして。
先日はイイネをありがとうございました。
ヤツガシラをいう名前の鳥がいることを初めて知りました。
珍鳥なのですね。
寒い中待ち続けて撮られたとのこと、
辛抱強く待ってよかったのですね。
2018年、どうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
Commented by ki43-oscar at 2018-01-05 23:29
> miyabiflowerさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
レスが遅れて申し訳ありません。
すっかり正月気分も抜けてしまいましたが、新年おめでとうございます。
今年もがんばりましょう。
by ki43-oscar | 2017-12-25 02:33 | その他(野鳥) | Comments(4)

この道は果てしなく、何処までも続く。 行こう、そして確かめよう。


by 烈風