チドリちゃん、そんなに急いで何処へ行く?

b0371494_22253068.jpg
干潟を小型の生き物らしきものがサーッと駆け抜ける。何だ?
こんなところであんな動きをするのはチドリ類と相場が決まってる。それにしても…ここまでチョコマカ走り回るのはなぁ。。。パッと見シロチドリに見えたけど、、、と思ってカメラを振る。実スピードは大したことない(人間が歩くスピードくらい)はずだが、也が小さい(スズメくらい)から相対的に早く感じる。ネズミがすばしこく感じるのと同じ原理だ。

b0371494_22253047.jpg
やっと止まったな…こいつは…メダイチドリか。

シギチドリ類は姿形が似たようなのが多くて、ちょっとした模様の違いだとか足の指の数が違うとかで種類が違ったりするから判定が難しい。それでもガンカモ類に比べれば個性派が多くて見てて面白い(一部のシギ類はホントに分からないが)。個人的に興味があるからたぶんそう見えるのであって、興味のない人にはガンカモもシギチも同じようなもんだろう…というのが最近出した俺の結論。白鳥の飛来地として有名な新潟県瓢湖に毎年撮影に行くのだが、たくさん集まるハクチョウ狙いのカメラマン(ハクチョウばかり撮ってる人は野鳥カメラマンとしては素人に近い)に混じって、カモやガンを狙う超マニアックな人たちがいる。一度その類の人に捕まって延々と話を聞かされたことがあったのだが、何のことだかチンプンカンプン(笑)。ま、そんなもんだ。

b0371494_22252907.jpg
前橋は海が遠いから、シギチ類とはイマイチ縁遠い。内陸の湿地に来る淡水型のシギチがいる…と聞いたのはつい最近のことだが、それ専門に探すというのもマニアックな話だなぁ…果たしてどこまで付いていけるのか…(笑)。










[PR]
Commented by ironsky at 2018-03-02 23:09
こんばんは。
千鳥足というのは、酔っ払ってフラフラ歩くことですよね。
それがサーッと駆け抜ける感じですか。
意外でした。
Commented by ki43-oscar at 2018-03-03 21:26
> ironskyさん
この鳥はコンパスが長いせいか足速いですよ。
鳥は酔っ払いませんから(笑)。
by ki43-oscar | 2018-02-28 23:34 | 水鳥・海鳥 | Comments(2)

この道は果てしなく、何処までも続く。 行こう、そして確かめよう。


by 烈風