嗚呼、ネタ不足…鳥枯れ…それともやる気がないだけか?

b0371494_21475847.jpg
冬鳥が北回帰し始めている。そして夏鳥と入れ替わるわけだが、夏鳥が来るのは来月だ。それまではポッカリと穴が開いたように鳥たちの影が薄くなる。もちろんまったくいなくなるわけじゃなくて、留鳥といわれる鳥たちは健在だ。この写真のゴジュウカラもその一種だが、こういう鳥が登場してくるのは如何にもネタ不足を露呈しているような気分になってしまう。もっともいたずらに珍種ばかり追いかけずに、こういう身近な鳥をコツコツ撮影するのも楽しみ方の一つだと思う。カネとヒマにものを言わせれば何処にでも行ってどんな珍種でも狙えるかもしれないが、それって力業で鳥をねじ伏せてるような気がしなくもない。もっとも俺はカネもヒマも最初っから持ってないから僻みと言われればそれまでだが(笑)。

外観上の特徴は、青みがかったグレーの羽。これが白髪混じりの老人に見立てて「ゴジュウカラ」というらしい。昔(日本が未だ貧乏だったころ)は日本人の平均年齢は50歳くらいで、老人みたいに見える鳥だから「ゴジュウカラ」。昨今マスコミで少子高齢化と言われて久しいが、この場合の「高齢者」は65歳以上の世代のことだ。食糧事情の改善や医療技術の進歩で日本人の寿命が延びて老人たちが死なない分、子供が生まれてこなくなった。これって国の将来を左右する大問題のはずだが、日本の政治家様たちはそんなこともお構いなく、今日もモリカケモリカケと忙しそうだ(笑)。たしかに時の権力者の不正を暴くのも大切なことかもしれないが、もっと他に大切なことがあるんじゃないのかね。政治家なんか誰でも大なり小なり悪いことをしているもので、それは今の総理大臣もそうかもしれないが、追及する側の旧民主党系の連中だって同じことだ。蓮舫の二重国籍疑惑はウヤムヤになったままだし、菅直人は福島原発事故の責任も取らずに今もぬけぬけと国会議員やってる。そういえばあの事故の時に官房長官やってたのは立憲民主党の枝野幸男だろう。クリーンなはずの旧民主党系の皆さん、あんたら自民党よりも悪質だよ(笑)。

文明に毒された人間がヘンなことで大騒ぎする一方で、山の小鳥は今日も必死に生きている。どっちが理想的かなんて論じるまでもないだろう。もっとナチュラルに生きられないもんかな…と鳥たちを見るといつも考えてしまう。

b0371494_21475949.jpg






[PR]
Commented by yume_jin at 2018-03-18 23:33
こんばんは。
ゴジュウカラ、シンプルで可愛い鳥ですね♪
身近な鳥もこんなに可愛く見せてくれるのだもの
嬉しいです♪^^
ゴジュウカラって、そういうことから名前が付いたのですね。
おもしろい♪
Commented by ki43-oscar at 2018-03-19 03:13
> yume_jinさん
ちょっと標高の高い山に行くとほぼ当たり前のように見かける鳥ですよ。
普段は気にもしないのですが、他に撮影する対象もないとレンズを向けます。
我ながら現金なモノです(笑)。

生物の名前(和名)は、面白い由来のモノがあったりしますよ。
名付け親のセンスを疑うこともあるけど(笑)。
by ki43-oscar | 2018-03-17 23:07 | 小鳥 | Comments(2)

この道は果てしなく、何処までも続く。 行こう、そして確かめよう。


by 烈風